玉袋(陰嚢)オナニー(タマニー)のやり方、方法まとめ


玉袋オナニー、別名・金玉袋オナニーは、略して「タマニー」と呼ばれることもあるようです。
これは文字通り、玉袋(陰嚢)に刺激を与え、最終的には射精に至るという、特殊なオナニーのこと。
うさぎ
今回は、この玉袋オナニーについて、色々と掘り下げていきたいと思います!

玉袋オナニーの魅力

結構有名?

玉袋=陰嚢は、精子を作り出す器官である金玉を包んでいる、袋のような部分のこと。

エロ漫画やR18イラストなどでも、しばしば、女性が玉袋を舐めている描写が見られますよね。
まあ、あくまでも箸休め的な扱いで、前戯と本番の間などに挿入されるだけの場合が多いですが…

でも研究してみると、玉袋を扱ったオナニーには結構魅力が多いことが分かります。

恥ずかし気持ちイイ!

この部位は上手に刺激すると、なんとも、酸っぱくて新鮮な快感を得ることができるんですよ。

というわけで、通常の、ペニスを使ったオナニー(手淫や亀頭責め)のような、「主に射精時が気持ちいいオナニー」と違い、コイている間の気持ち良さも魅力的なので、管理人が気に入っているオナニーのひとつです。

注意点(必読!)

気持ちいいやり方をご紹介する前に、まずは注意点から…

金玉自体は蚊帳の外!

このオナニーを行なう場合、刺激するのはあくまでも陰嚢(玉袋)であり、決して金玉そのものに刺激を与える行為ではないということを常にご留意下さい。

金玉自体に刺激を与えるものだと勘違いして、金玉を強く握るなどしてしまった場合、体に悪影響が出て取り返しのつかないことになる場合もあります。

触るのはあくまでもだけ。
それを常に肝に銘じていましょうね!

デリケートすぎる玉袋

また、陰嚢やその周辺というのは非常にデリケートで、菌にも刺激にも弱いです。
すぐ炎症を起こしてしまう部位なので、自分の手を含め、陰嚢に触れるものはすべて、清潔にしておくことが大切です。

皮膚の問題に関しては、こちらの記事もご参照下さいませ~。
陰嚢湿疹や包皮炎への対策まとめ

あったほうがいい物

ローションを使いますし、射精の可能性を伴ったオナニーでもあるので、垂れたり飛び散ってもいいように、体の下にはタオルを、体の周りには新聞紙を敷いておくと安心です。

※射精に至る方法は記事の最後のほうでご紹介します。

またコンドームがあると、思いっきり射精できますのでおすすめです。
お買い得コンドーム 144個入り
お買い得コンドーム 144個入り

陰嚢で感じられるかどうか

個人差が大きい

まずお伝えしておきたいのは、自分の手で普通に触るだけでは、あまり感じることができない、ということ。
手で玉袋を触っても、ほんの少し「ん?」と思うくらいで、「気持ちいい」とは程遠いです。

これもまた、個人差の世界なのでしょうね。

陰嚢テスト?

ただ、とても手軽に、自分の玉袋が敏感かどうかを試す方法があります。
履いているパンツの、前と後ろあたりをそれぞれ手でつかんで、生地を前後に動かして玉袋を刺激してみるのです。

バイオリンの弓が弦を弾く要領で…と言えば分かりやすいかもしれませんね。
※ドリフの銭湯コントで、長さんが縄を股間に挟まれて前後させられる要領で…と言ったほうが、ある世代には分かりやすいかもw

このとき、何かしらの新鮮な刺激を感じられた場合、その人の陰嚢は「感じやすい」ということになります。

乳首と違って「開発」はできない??

感じなかった人は…どうすればいいんでしょう?
わかりません(´・ω・`)
陰嚢の場合、乳首などと違い、が有効というわけでもないでしょうし。

ともあれ、以下の方法を一通り試してみる価値はあると思います。
ただし、皮膚が弱い人も強い人も、実践する場合は自己責任でお願いしますね。

オナホコキ

襞々のあるオナホールを裏返してローションを塗り、それで玉袋をコく方法。
以下の方法を使うと、特に効果的です。

  1. 下半身に履いているものをすべて脱いで、座る。
  2. 陰嚢の下に「裏返したオナホにローションを付けたもの」を置いて、ズレないように手で押さえる。
  3. オナホではなく、体のほうを前後させて、玉袋を刺激する。

イマジネーションさえ上手くいけば、女性の舌によって舐められているような快感を得ることができますよ~。
最初から裏返した状態で販売されているオナホ:
TENGA 3D
TENGA 3D

布コキ

  1. 清潔にしたシルクやサテンの布地を、陰嚢を包み込むようにして股に挟み(ふんどしの要領で!)、それぞれ、体の前のほうと後ろのほうで、布の端を手でつかむ。
    ※布を絞りすぎないようにすることが大事。
  2. 布を前後させ、陰嚢を刺激する。
    ではなくでこする(詳しいことは上記『陰嚢テスト?』参照)。

個人差はあるでしょうが、これだけでもう、非常につややかで滑らかな刺激を得ることができます。
また、これもやはり、ローションを付けた布地で行なうとより効果的です。
Peaces(ピーシーズ)
Peaces(ピーシーズ)

エッチ器具

オナシー

『オナシー』という、シート状のエッチ器具があります。
これは、オナホのような素材で作られ、独特な襞々を持ったシートで、手に持って性器を刺激できる、というもの。

もしかしたら、これを使うのが一番、気楽に玉袋コキできる方法かもしれません。
ただ手のひらに広げてローションを付けて、玉袋に滑らせるだけですからね。
オナシー
オナシー

こちらの進化形である、マスターハンズもいいですよ!
手に装着して、ローションを付けて、玉袋を撫でればいいだけですからね!
マスターハンズ
マスターハンズ

自動で動く舌!

『テクニカルタン』や『舌でお手伝い』のような、女性の舌を模した器具も、大変効果的だと思います。
勝手に動いてくれますので、ただ手に持って、玉袋を舐め舐めしてもらうだけでOK!
安価ですし、おすすめですよ~(*’▽’)
テクニカルタン
テクニカルタン

コスプレ衣装コキ

概要

コスプレ衣装の場合、それ自体が性的なを持っています。
そのため、人によっては、布地が玉袋に触れただけで性的な刺激を得ることができるでしょう。

ことに私のような、女性の衣服に「女性の抜け殻」のような印象を持っている人間にとっては、この方法が一番効果的な気がします。
かわいい衣服を陰嚢コキなんかに使ってしまっている罪悪感がたまりません。

注意点/やり方

ただ、衣装によってじかに玉袋コキをする場合、安いものか、スペアを所有しているものを使うようにしましょう。
衣装が汚れたり擦り減ったりしてしまう恐れがありますからね。

やり方に関しては、上記の『陰嚢テスト?』と同様。
コスプレ衣装を股に挟んで、衣装の上と下をつかんで前後させ、玉袋を刺激しましょう。

メイド服のような、フリルの付いた衣装がおすすめです。
男の娘のコス 【メイドさん】
男の娘のコス 【メイドさん】

なお、メイド服を着たうえで、ネクタイリボンを外して、そのネクタイリボンによって陰嚢コキする…っていう方法も、オナニーの演出として魅力的だと思います。

タマニーで射精に至る方法

概要

今回の記事の本題、とも言えるでしょうか。
タマニーでの射精は、「溜めオナニー」をずっと生々しくしたような、非常に魅惑的なもの。
女性が焦らされながら責められて絶頂する感覚に近い、と感じる人もいるようです。

まずオナ禁!

オナ禁して精液を溜めることが、タマニーで射精に至るための、最初の条件です。

溜めオナニーの記事では数週間~1ヶ月以上のオナ禁を推奨しましたが、タマニーで射精する場合は、そこまでする必要はないと思います。
精子は3日で満タンになるらしいですから、念を押して1週間くらいのオナ禁をすれば充分でしょう。

射精する方法

溜めておいた上で、この記事でご紹介したいずれかの方法によって、玉袋コキをしましょう。
コキながら下記のようなことをすると、射精することができる…かもしれません。

●会陰/陰慶も刺激。
陰嚢と肛門の間に位置する「会陰部」も、玉袋と一緒に優しく刺激してみましょう。
また、皮膚の強い人は、太腿の付け根を触っていって、気持ちいいと感じる部分(陰慶)を見つけたら、そこを刺激するのも効果的です。
ただし、玉袋の周辺の皮膚は、もしかしたら玉袋自体以上にデリケートである可能性があるため、皮膚の弱い人は陰慶を刺激するのはやめておきましょう。

●タマニー中に肛門をぐっと引き締めて、前立腺を圧迫する。
緩めたり引き締めたりを繰り返し、射精時はひときわ強く引き締めると効果的。

●慣れないうちは亀頭なども同時に刺激して、射精感を高める。
ドライオーガズムではなく射精を目指すオナニーなので、乳首オナニーなどと違い、亀頭を刺激しても問題ないのです。
ただし、今回はあくまで玉袋コキで射精することが目的です。
亀頭への刺激は慣れないうちだけにして、それも最小限に留めておきましょう。

●焦らされ感を楽しむ。
タマニーで射精することはやや難しいのですが、むしろ、「刺激を感じているのにイけない」その焦らされ感を楽しんでしまいましょう!
これは、早漏を防ぐ訓練にもなります。

コンドームがあれば、飛び散らせる心配もなく、思いっきり射精することができますよ。

おわりに

玉袋コキ、略してタマニーのご紹介をしてきましたが、いかがだったでしょうか。
通常のペニスを使ったオナニーと違って、快楽を長く感じていることができますし、乳首オナニーのように、長期にわたる開発が必要なわけでもない、特殊なオナニーです。

というわけで、普通のオナニーには飽きたけれど、乳首を開発するのは面倒…そんな人におすすめなオナニーと言えるかもしれませんね。