バーチャルセックス」タグアーカイブ




ツイッターでのイメプの魅力、上手なやり方・向き合い方まとめ

当サイトでは、ツイッターでのイメプを何度かご紹介してきました。
デメリットなどが多いので、まずはこちらの記事をご覧下さい~
ツイッターでのイメプの始め方、注意点まとめ

イメプというのは要約しますと、スマホやPCでエロいチャットをするだけなのですが、これがなかなか多くの魅力を持っているのです。

イメプの魅力

事実上、自分が「参加」できる

画像にせよ、動画にせよ、多くのオカズの場合、自分がそこに「参加」することはできませんよね。

まあ、「自分視点の画像」ですとか「音声作品」の場合は、自分がそこに居るという「イメージ」は可能です。
ですが、実際にその画像や音声の世界のなかで、キャラと話したりすることはできませんよね。

やっぱりイメプの場合、文字だけとはいえ、自分自身が自分の言葉で、しかもリアルタイムに性的な会話に参加できるというのが大きいです。

自己参加型でありながら、お手軽

自分が参加する性的な事柄といいますと、
●恋人やパートナーとのセックス
●風俗店に通う
●エロい通話
…といったものがあります。

が、上記のものはどれもこれもハードルが高いですよね!
みんながみんな、恋人や配偶者を持っているわけではありませんし…
通話となりますと、やっぱり、声質や話術を意識しなければいけなくなりますから、こちらもかなりハードルが高いといえるでしょう。

それに、風俗店に通うとなると、高いお金がかかる上、多かれ少なかれ性病の恐怖が付きまとうと思います。

その点、イメプは原則、ただ文字を打てばいいだけ。
自己参加型の性的な事柄のうち、ここまで気楽に実践できるというのは、イメプが唯一かもしれません。

イメプとの上手な向き合い方

ちょっとドロドロ?

これまでの記事で語ってきたとおり、イメプにはかなりの注意事項があります。
趣味や仕事について語るだけのアカウントと違い、性的な事柄が絡むと、やはり人間模様も複雑になってしまうようで…
うんざり
とにかく、自分と相性の良さそうな人を見極める力! これが重要になってきます。
何がどうであれ、自分と相性の良い人とだけ交流していれば、問題に巻き込まれる確率はぐっと低くなるわけですからね。

極力安全にイメプする方法に関しては、以下の記事をどうぞ!
【ツイッター】安全かつ上手にイメプアカウント活動をする方法、やり方まとめ

何事も適切に

それと、あまり深入りしすぎないこと。
かなり濃ゆい情念が渦巻く世界になっていますので、精神状態によっては、深入りすると泥沼になってしまうこともあるからです。

イメプで「安心」を得ることは難しいかも

やっぱり、性的趣向という、その人の根幹的な欲求が、直接的に会話の内容に関わってくる行為ですからね…
それだけ、合う・合わないが非常に露骨な世界になるんだと思います。

趣味垢や仕事垢では、仲の良かった人と突然ブロックし合う、という事態になってしまう確率は、決して高いものではないと思うんですよ。
しかしイメプの場合は、残念ながらリムブロが日常的という、落差の大きい世界になっていると思います。
そういう不安定な付き合いが苦手な人には、イメプはおすすめできません。

対ストレス効果?

ストレス解消

日常生活のなかで、寂しさやストレスを感じたとき、「イメプがある」と思うと、それらの負の感情が軽減することがあるようです。

寂しい、イライラする、不安だ、疲れた…
やっぱりそんなときに、どこにも出かけず、誰とも直接会わずに、エッチな会話を楽しめる…これって結構便利ですよね。

他のオナニーより対ストレス効果が強い?

イメプの場合、単純に「オカズを用意して抜く」というだけではないので、
「こんな会話プレイをしてみたい」
というような、一種の楽しみが生まれるわけです。
usa
そしてそれは、新しいAVを入手するよりもワクワク感が高く、しかも労力や出費を伴わないため、実に気軽なストレス発散の方法として、非常に使えると思います。

逆にストレスになることも?

しかし結局は、電波の向こうに居る人を相手にしているわけです。
あまり自分の性的な欲求を相手に押しつけるような会話は、控えるようにしたほうがいいと思います。

もちろん、よほど性的な価値観がそっくりな人が相手であるのなら、自分の欲求を出せば出すほど相手も喜ぶという結果になるでしょう。
しかし、そういう相手に出会えることは、極めて稀と言わざるを得ません。
性的な価値観なんて、人の数だけ存在するわけですからね。

ここも結局、
「自分と相性の良さそうな人を見極める力」
これがものを言うわけです。

なお、オナニーとストレスの関係については、こちらの記事もぜひどうぞ!
オナニーを活用してストレスと上手に向き合っていく方法

イメプ以上のことを求めることの是非

イメプで知り合った相手と、通話、写メの交換、そして実際の出会い…と、関係を発展させていきたい人も居ます。
まあ、これは「自分も相手も良ければいい」ということだと考えてます。
相手が嫌でなければ、なんの問題もないわけですから。

ただ、多くのイメプ垢さんが「背後詮索禁止」とプロフィールに書いており…
どうやら「イメプ」のボーダーを越えた、リアルの出会いなどを求められると困る、と考えている人は少なくないのだと思います。
管理人も個人的には、これはおすすめしません。

イメプ以上のことを求めてしまうと、風俗店に通ったり、出会い系サイトを利用したりするのと変わらないことになると思うんですよね。
「文字だけ」というイメプの手軽さが損なわれてしまうわけです。

風俗とか、出会い系とか、そういうのが面倒な人のために、イメプという交流のスタイルがある…と個人的には思うんですけどね。

良質なオカズを作れる

イメプのなかで、印象に残るというか、自分が興奮できたやりとりがあった場合は、ぜひそれをスクショして取っておきましょう。
最も気持ちいいオナニーができるオカズは何なのか?
詳しくは上記の記事で語りましたが、自分がエロい発言をして、なおかつそれが会話として弾んでいる記録というのは、最高のオカズとして後々使えるのです。

ただ、スクショした画像の管理はきちんとしましょうね!
人に見られたりしたら、十中八九、大変なことになると思うので。

いつでもどこでも

基本、使うのはツイッターのDMですから、スマホかPCが一つあれば、いつでもどこでもイメプは可能です。
しかし前述のとおり、深入りするのが怖いので、あまり利用しすぎないよう、どこかで常に自制することが大切だと思います。

ここでもまたまた、自分と相性の良さそうな人を見極める力がものをいってくるわけですね。
相性の良い相手と適切に交流するならば、泥沼にはまることも少ないでしょうし。
ただ、どんな場合であっても、油断は禁物ですけどね。

やっぱりデメリットが怖い場合

「自分が参加してる感」の強いオカズがほしいけど、やっぱりイメプのデメリットが怖い…
そんな人は、ぜひ以下の記事をどうぞ~
二次元女子とエッチ!? USBオナホールと3Dカスタム少女