ストレス解消に手コキオナニーをするのは良いことか


オナニーをストレス解消のために行なっているという人は多いと思います。
以前に深夜のテレビ番組(たしか『ワンダフル』という題名だったような)でやってたのですが、オナニーの快楽指数は、飲酒や喫煙よりも強いらしいですね。
手コキオナニー
しかし、オナニーのなかで最も手軽な「手コキオナニー」を、ストレス解消のために繰り返すことは良いことなのか悪いことなのか……
今回はそんなお話です。

手コキオナニーは骨折り損のくたびれ儲け?

はっきりした害こそ少ないものの…

ズバリ、手コキオナニーでストレス解消するのは、あまり良くないと思います。
ただし、ここで「良くない」とするのは、あくまでも「特に手を加えない手コキオナニー」に限ります。

もちろんオナニーは、飲酒や喫煙よりはずっと、体に及ぼす害は少ないでしょう。
が、「特に手を加えない手コキオナニー」をして得られるものは、ほんの一瞬の快楽だけ。
その後は、ただただ心も体もぐったりして、賢者モードどころか、生活していく上での思考を鈍らせてしまうことが多いです。
ふにゃ
ですが、ちょっと工夫をこらすだけで、手コキオナニーは格段に気持ちいいものになりますよ!

次第に弊害が?

ことに、オナニーが日課になり、毎日のように(あるいは1日に何度も)するようになると、快楽を感じられなくなるどころか、体の気だるさが蓄積していく結果になります。
そして頭がボーっとすると、間接的に、様々な問題が起こってくるのです。

作業(仕事)の能率が悪くなりますし、物事が上手くいかないことで欲求不満になって、周りの人を傷つけてしまうことも……。
オナニーのデメリットに関しましては、以下のような記事でまとめています。

また、体がだるくなるということは、つまりは免疫が弱まるということでもあります。
オナニー自体が体調を悪くすることはないにしても、オナニーして気だるい状態になることで、体調不良を招いてしまう可能性は考えられますね。
少なくとも、私は気分が(`・ω・´)シャキーンとしているときに風邪をひいたことはないです。

解決策

回数を減らし、オナニーに工夫を!

では、どうすればいいのか。

結論から言いますと、
多くても週に2度まで、と決めた上で、気持ちのいいオナニーをすれば良い。
と、なります。

頻度に関しては、3日~1週間に1度くらいにしておかないと、オナニーがクセになり、体の気だるさや思考の鈍化を招いてしまう上、どんどん快楽が薄まっていってしまうからです。
そうした超短期のオナ禁すら難しいという場合は、以下の記事をご覧下さいませ~。

気持ちの良い方法を見いだせば、オナニーが楽しみになり、結果、日々のストレスを薄めていくことができると思います。
この、「楽しみがある状態」っていうのが、心にとっていくらかの拠り所になりますし、また、回数が減れば、気分がボーっとすることも少なくなります。
そうしたことは、以下の記事でまとめています。
男の生理? 性欲のバイオリズムをオナニーやオナ禁に応用しよう

気持ちいいオナニーの方法

それでは、気持ちのいいオナニーはどのようにすれば可能なのか。
とりあえずは以下のまとめ記事をご覧下さい!

上記のような記事のなかから、ご自分に合ったものを見つけたら、そのリンク先の記事にある情報で吟味して下さい。
本当に、オナニーの種類は多種多様です。
アナル、会陰といった、危険だったり難しすぎたりする方法をとらなくても、すごく気持ちよくなれる方法はたくさんあるので、ぜひ(もちろん自己責任で)探求していただけたらと思います!

以下のような特集も参考になりますよ!
男のオナニー大図鑑