シルクやサテンの布地を使ったオナニーのやり方、方法まとめ


気持ちいいオナニーをするには、オナホールやローションを使うのが有効かつ手軽です。
ですが、家庭の事情などによっては、性的なグッズを購入・所有するのが困難な場合もあることでしょう。
おもちゃ袋
おもちゃ袋

というか、性グッズを自由に購入・所有できるのって、一人暮らししている人だけではないでしょうか? 正味な話。

上記の話に共感して下さった方は、こちらの記事もご参照下さい。
オナニーしている姿やオナニーグッズを家族に見られないための対策

というわけでこのサイトでは、「グッズを使わずに実践可能な気持ちいいオナニー」の紹介もしていくつもりです。
そのひとつが、シルクやサテンのような、ツヤツヤした布地を利用したオナニー。

バンダナ、スカーフ、ハンカチなど、エロさを含まない布製品を買えば、誰にも怪しまれないので安全です。
ローションを使ったほうが効果的な場合もありますが、ここではローションなしで実践できる方法も書いていきます~。

注意点

汚れや糊に注意

布をオナニーに利用する場合、必ず清潔にしてから使うようにしましょう。
また、性器やその周辺の皮膚は非常に敏感です。
おろしたての布製品の場合、糊が付けられていることが多いので、一度洗ってから使うのが安全です。

しかし、布地自体が肌と合わなかったりすると、皮膚がアレルギー反応を起こしてしまうこともあるので、実践はくれぐれも自己責任でお願いいたします。

あまり大切ではないものを使う

ちなみにこれは当然のことですが、布地をオナニーに使った場合、汚れてしまったり破れてしまったりします。
ファッションや日用品としても使用する品は使わないようにしましょう。

亀頭責め

ローションがあれば…

まず、できればローションがあればいいのですが…
Peace's(ピーシーズ)
Peace’s(ピーシーズ)

ローションを用意できない場合は、以下の記事の下のほうを参照に、代用品を用意してみて下さい。
気持ちいいローションオナニーのやり方、方法まとめ

やり方

やり方のほうは簡単。

1.包皮を剥く(必ずしも亀頭を完全に露出させる必要はありません)。

2.片方の手にシルクやサテンの製品を巻き、「布の壁」を作って、ローション(またはその代用品)を塗る。
※きっちり巻いておくことが大切。「3」をする際に、ペニスに合わせて布がズレ動いてしてまうと、気持ち良くなれません!

3.もう片方の手でペニスを握り、亀頭を「布の壁」になすりつける。

「3」をする際、布を巻きつけたほうの手ではなく、ペニスを握ったほうの手を動かしていくことが重要です。
イマジネーションが上手くいけば、女性器に先端をなすりつけているような、シアワセな快感を得ることができますよ~。

オカズも必須です。
特に、亀頭を女性器の入り口になすりつけただけでイってしまう場面を見ながら、これを行なうと効果的。
『LOVERS』という作品に、そういう場面がありますよ~。

乳首オナニー

概要

まず、乳首オナニーや開発の方法は、以下の記事をご参照下さい。

さて、以下の方法は、乳首の開発にも、乳首オナニー自体にも使えます。
開発する場合は、以下の方法を1日に数回、10分くらい行なっているだけでも、少しずつ少しずつ開発されていきますよ~。

シルク・サテンの服を持っている場合

シルクかサテン生地の服を持っていれば、それを着用し、生地ごしに手で乳首を刺激すると効果的です。
この場合、塗り込むような手つきで、シルク地/サテン地を乳頭になすりつけると良いでしょう。

このとき、あくまでもシルク・サテンの生地を乳首になすりつけることを意識するように心がけて下さい。
生地自体を動かさずに、「生地の上から指や爪で刺激する」ほうへシフトしてしまうと、シルクやサテンを使う意味がなくなってしまいますので。

もちろん服以外の製品でも全く問題なし

また、服以外のシルクやサテンの製品でもチクニーは可能です。
布を折りたたみ、角かどでコチョコチョ乳首を刺激すると、もの凄く感じちゃいますよ(もちろん個人差あり)。

角にローションを付けるとより効果的です。
ローションの染みたシルクやサテンの生地は、オナホなどのエログッズの感触にかなり近いと思うので。
Agローション 300ml
Agローション 300ml

手淫オナニー

ザックリ言いますと…
亀頭を露出させて、シルクやサテンの布地をペニスに被せ、それを手で包み込んで、優しくこする。
それだけです(;^ω^)

ただしここでも、「性器と生地」が擦れるように意識することが大切。
「手と布地」が擦れる形になってしまうと、シルクやサテンを使う意味がなくなってしまいますからね。

これも、ローションを塗った布地で行なうとより効果的です。

陰嚢(玉袋)コキオナニー

玉袋コキオナニー、略してタマニーは、それ自体がかなり特殊なオナニーです。
玉袋(陰嚢)オナニー(タマニー)のやり方、方法まとめ

やり方

布地を使ってタマニーする場合の方法は簡単。

1.清潔にしたシルクやサテンの布地を、陰嚢を包み込むようにして股に挟み(ふんどしの要領で!)、それぞれ、体の前のほうと後ろのほうで、布の端を手でつかむ。

2.布を前後させ、バイオリンの弓が弦を弾く要領で、陰嚢を刺激する。
※バイオリンというより、ドリフの銭湯コントで、長さんが縄を股間に挟まれて前後させられる要領で…と言ったほうが、管理人と同じ世代の人には分かりやすいかもw

個人差はあるでしょうが、これだけでもう、かなり強烈な刺激を得ることができます。
また、これもやはり、ローションを付けた布地で行なうとより効果的です。
ペペローション 360ml
ペペローション 360ml

タマニーで射精に至る方法

タマニーの刺激は、それだけでも新鮮で魅力的なものですが、やり方によっては射精に至ることもできるのです!
タマニーでの射精は、「溜めオナニー」をずっと生々しくしたような、非常に魅惑的なものといえます。

以下、タマニーで射精するための条件を書いていきたいと思います。

  • 一定期間オナ禁して、精液を溜める。
  • タマニー中に肛門をぐっと引き締めて、前立腺を圧迫する。このとき、緩めたり引き締めたりを繰り返し、射精時はひときわ強く引き締めると効果的。
  • 慣れないうちは亀頭なども同時に刺激して、射精感を高める。

今回は、シルクやサテンを使う、という前提でタマニーについて書いてきました。
陰嚢とその周辺というのは大変デリケートな部位ですので、くれぐれも、手や布地を清潔にした上で行なうようにしましょう。

おわりに

今回は、誰でも気軽に実践可能な、シルクやサテンを使ったオナニーの方法をご紹介してきました。
当サイトでは、こうした手軽な快楽増幅方法をたくさん書いております。
よろしければこちらもどうぞ!
手軽で気持ちいいオナニーを12種類ご紹介!