成功しやすい・長続きしやすいオナ禁の方法まとめ


これは何度か宣言していることですが、このサイトでは決してオナ禁を推奨しているわけではありません。
ただ、「オナニーは3日~1週間に1回」という周期を推奨しているだけです。

しかし、「その3日や1週間のガマンがキツい」ということもあるでしょうし、管理人もまさにそういう経験を何度もしてるので、今回は成功しやすいオナ禁の方法を色々と考えていきたいと思います。

もちろん、ここでご紹介するのは、長期のオナ禁にも応用していただける手法ばかりですので、ぜひ最後までご覧下さい。


レベルが上がれば上がるほど、より強い効果が望める方法ということになっていきます。
なお、レベル4までは「応急処置」に近い手法であり、レベル5以降からが長期のオナ禁にも効果的な方法、となっています。

レベル1.背伸び

出口の見えないムラムラを、ひとまず鎮めるのにかなり有効なのが「背伸び」。

大きな深呼吸と同時に、窓の外や天井などを見ながら、力を抜くように背伸びしてみましょう。
気分がリセットされ、しつこいムラムラに一応のピリオドを打つことができると思います。

姿勢を正そう

どうも、ムラムラしてエッチな妄想が止まらなくなっているときというのは、周りが見えていない場合が多いです。
心身がもう、獲物を狙う獣みたいな状態になっちゃってるのでしょう。

姿勢も猫背になってることがほとんどです。
そこで、大きく背伸びをして、姿勢を正すことによって、血のめぐりが良くなって、狭まっていた視野が元通りになるのかなと。

思考が滞ると、本当にろくなことがないです。
エロい思考によって時間を無駄にしてしまう予感がしたら、とりあえずは背伸びをしてみましょう!

レベル2.トイレへGo!

これは背伸び以上に効果が明確で、長期のオナ禁をしている人にも試されている方法です。

方法も背伸びの次くらいに簡単!
トイレへ行って「小のほう」を済ませればOK。
もちろん、べつに「大」でも構いませんが。

部屋に戻ると、エロい妄想にとりつかれていたり、あんなに夢中になってオカズ探しをしていた自分が嘘のように思えます。

気分をリセットする効果は、背伸びよりずっと上。
おそらく、排泄という別の行為に性器を使うことで、性的な欲求が薄らぐのではないかな? と私は踏んでいます。

レベル3.アニマルパワー

頭がエロでいっぱいになっていたり、オカズ探しに夢中になっているときは、脳内が異性に関する事柄で満たされています。
男性の場合、可愛かったり、綺麗だったりする女性が、思考の大半を占めていることでしょう。

そんなときは、全く別の「可愛い」や「綺麗」に触れればいいのです。
ここで特にお勧めするのは、「好きな動物」の画像や動画を見ること。

ペットを飼っている人は、少しの時間、そのペットと遊びましょう。
管理人の場合は、魚に餌をやって、彼らが無心に餌を食べる姿を眺めます。

仮に、エロへの欲求を「酸性」とするなら、動物への感情は「アルカリ性」のようなもの。
ギトギトになった心をサッパリと浄化してくれますよ!

レベル4.懐かしい曲を聴こう

「思い出の曲」というのは、適度に感情を刺激して、心の強張こわばりを解きほぐし、視野を広げてくれます。

凝り固まった心を解きほぐす…
ということは、オカズ探しから抜け出せないときにも使える手段ということですし、エロい気分に襲われたときにも、ふっと心を別の方向へ向けてくれます。

購入したMP3を、スマホやPCの、すぐ再生できる場所に置いておくと便利だと思います。


さあ、ここからはいよいよ、長期のオナ禁にも使える方法をご紹介していきます!

レベル5.性器にアクセスできない衣服を

なぜオナ禁が難しいかというと、「暇」と「プライベートな空間」さえあれば、いとも簡単にオナニーできてしまうからです。

ではなぜ、いとも簡単にオナニーできてしまうのでしょう?
──たやすく男性器に触ることができてしまうからです。

●ゴムのズボンであれば、ウエストの部分から手を入れて、性器をコくことができる。
●ベルト式のズボンでも、「前」のチャックを開ければ性器を露出できる。

このように、ワンタッチでオナニーをし始めることができてしまうので、オナ禁という行為の難易度が高まっていると思います。

解決策

この問題の解決策としては、以下のようなものがあります。

【1】性器に触れることが難しいズボン(※)を穿く。
※ウエストの部分から手を入れることができず、しかも「前」のチャックもないズボンが理想的。
それほど大切ではないズボンであれば、チャックを縫いつけてしまう、という手もありです。

【2】椅子ではなく、座椅子などを使い、床に座って過ごす。

この方法の効果

え、それだけで解決できるの?
と言われてしまうかもしれません。

ですが、「ズボンを脱ぐ」という行為は結構面倒なのです。
特に、椅子ではなく地面(床)に座っているときは、わざわざ立ち上がらなければいけませんからね。

また、部屋が寒いとよりズボンを脱ぐのが億劫になるでしょうから、この方法は冬のほうが成功率が高いかもしれません。

「わざわざズボンを脱ぐくらいなら、オナニーの1回や2回は我慢しよう」
そう思うことができれば成功です!

レベル7.プライベートな空間に長居しない

人がオナニーしたくなるのは、主に自室です。
自分だけの空間にいると、心がくつろぎすぎてしまって、その果てに性欲の発生が起こるわけです。

解決策

どうしてもオナ禁を成功させたい場合は、図書館や漫画喫茶など、落ち着いて過ごせる公共の空間に長居するのが効果的だと思います。
それに、本や漫画を読むという行為は、脳をシャキッとさせて、性欲を忘れさせてくれる効果もありますので、一石二鳥といえるでしょう。

注意点

ただし! 図書館や漫喫であっても、色っぽい内容を含む作品を読むのは控えましょう。

また、ネカフェは「落ち着いて過ごせる自室以外の空間」という意味では図書館などと同じですが…
個室ですし、慣れてしまうと「自分だけの空間」のようになってしまうので、あまりおすすめできません。

レベル8.宣言をする

オナ禁する、ということを他人に宣言すると、長期オナ禁の成功率が上がります。
もちろん、リアルでそんな宣言はしにくいことでしょう。

そこで、ネットを利用するのです。
例えば『2ちゃんねる』では、オナ禁を宣言するスレが半ば伝統化しておりますので、それを利用するのが最も手っ取り早いです。

その他、オナ禁ブログを運営するですとか、ツイッターなどのSNSでオナ禁の経過報告をする、という手もあります。
SNSの場合、健全なアカウントでそれをやるのは穏健ではないので、オナ禁用のアカウントを取得するのが穏当だと思います。

おわりに

今回はこのサイトにしては珍しく、オナ禁を成功させやすい方法を色々と書いてきました。

長期オナ禁の是非はともかく、とにかく、「毎日のようにオナニーしてしまう状況」はよろしくありません。
そうした状況から抜け出すためには、多かれ少なかれオナ禁が必要になります。

この記事をそうした場合の参考にしていただけたら幸いです。

オナ禁の功罪やオナニーの頻度に関して考察した記事もぜひご覧下さい。
気持ち良くないオナニーをしないために
ストレス解消に手コキオナニーをするのは良いことか
【健康を害する?】オナニーのデメリットのウソとホント【運気が下がる?】