オナニーの快感を増幅させる方法・その1~溜める~

しばらくオナ禁をして、溜めた後に満を持してオナニー。
基本中の基本ですね。
それほどワンダフルな効果は得られませんが、最も手軽かつ静的な方法ということで、手始めにご紹介します。

1週間前後の「溜め」では効果ナシ!

はじめに言っておきますと、
3日や1週間くらい溜めるだけでは、それほどの効果は得られません!
が、上手くやると、人生初のオナニーに準ずる快感を得られます。

私は3日坊主です。
オナ禁も全く続かない人間で、それまでは、続いても1週間ほどだったんです。
したがって、真の意味で「溜める」ことができず、
「溜めるのって、そんなに効果ないのかな」
などと考えていた時期もありました。

目安は「1ヶ月以上」

私事になりますが、私は少し前、とんでもない箇所が皮膚炎で化膿してしまい、必然的に、1ヶ月以上、オナ禁せざるを得ない状態になってしまいました。

が、これは単純に、オナ禁期間の問題だったんだなと、気づきました。
その皮膚炎が治り、1ヵ月半くらいぶりにオナニーしたらもう、
大 爆 発 でした。

初オナニーに準ずるビッグウェーブ

なんというか、普段はこう、
「手の刺激だけじゃ物足りないな」
っていう気持ちが、常にあるじゃないですか。

それがそのときは、物足りなさを感じる隙すらなく、すぐに絶頂への波が訪れたんですね。
それはもう、オナクールに勝るビッグウェーブで、初オナニーしたときの記憶が甦ったほどです。
なんか、ゼリー状の変なものまで出ました(´Д`)

しかも、絶頂が1段階で終わらず、2波、3波が訪れてくるんですね。
私はこちらの小説で、以下のような表現を使いました。

 突然訪れるの放出。
 オレの精子を溜めているトコロが、まだ出し足りないとばかりに精子を吐きだす、その悩ましい疼きをはっきりと感じた。

これはまさに「1ヵ月半溜めた後のオナニー」の経験を反映したものです。

溜めオナニーのデメリット

さて、デメリットは言うまでもなく、1ヵ月以上もの期間、オナ禁をしなければいけないということ。
要するに、オナニーの目的が、「日常のストレスを発散させるため」である場合は、あまり役に立たない手法なんですよね……。
1ヶ月に1回しかストレスを感じないような幸せな人には、そもそもストレス解消法なんて必要ないと思いますし。

しかし、オナニーに対して「ストレス解消」ではなく、単純に「快楽」を求める人にとっては、これは試す価値のある方法です。

それに、いったん1ヶ月以上オナ禁すると、オナ解禁後の2~3回くらいは、通常よりも快感の多いオナニーが楽しめます。
通常のオナニー(あくまでも「通常の」ですよ!)で得られるストレス解消効果なんてたかがしれていますし、1ヶ月という期間に長さを感じない人は、ぜひ試してみましょう!