エロ画像やエロ動画を安全かつ効率的に探す方法まとめ


オナニーする際のポピュラーなオカズには、大きく分けて「画像」と「動画」があると思います。
今回は、それぞれのメリット・デメリットですとか、安全かつ効率的な探し方を考えていきたいと思います。

画像ならではの良さ

男性のオナニーは基本、ほんの一瞬の射精を目指すものです。
動画をオカズにすると、肝心の射精時に、「あまりエロく感じられない」シーンに突入しちゃって、絶頂の気持ち良さが損なわれてしまうことがあるんですよ!

一方、画像というのは、ある瞬間を切り取ったものですよね。
例えば、女性にぶっかけている瞬間が見たい場合、動画だと射精シーンは数秒で終わってしまいますけど、画像であれば、
顔射
このように、その瞬間だけをじっと見つめることができるわけです。

つまり、自分が最もエロいと思える瞬間だけを、永続的に堪能できるのが、画像のメリットのひとつかなと。
よって管理人個人としては、最もオナニーに向いていると思われるのは「画像」だと思っています。

バラエティも豊か

ともあれ、画像、と一言に言っても、種類は様々です。
漫画、同人エロ画像、アダルト写真集、CG集、GIF画像、etc…

無料のもの

上記の内、無料で入手することができるのは、同人のエロ画像やGIF画像ですね。
同人エロ画像の場合は、pixiv内で検索すると、結構魅力的な画像がヒットします。

画像のデメリット

デメリットとしては、「性行為=人間が絡む動作」と考えている人には、静止画という形態は物足りなく思えるかなと。
しかしそうした人には、GIF画像をぜひおすすめしたいです(後述)。

画像と動画のハーフ・GIF!

GIF画像はその特性上、短いシーンを何度も繰り返してくれるのです。
自分の気に入ったシーンのGIFを手に入れさえすれば、画像や動画以上に破壊力のあるオカズとなってくれることでしょう。

さて、管理人は、ネットでエロ画像を検索するという行為を始めて12年くらいになるので、画像の探し方にはちょっとした知識があります。
そうした知識をまとめた記事がこちら。
エロ画像の上手な探し方、検索のコツ、裏技まとめ

画像集やエロ漫画は安い!

ネットが普及し、例えば音楽の場合、CDを買うより、MP3をダウンロードするほうが、一般的な音楽購入行為になってきましたよね。

これは画像の場合も同様なのです。
PCやスマホで見るのが当たり前のこととなった現在、エロ画像をまとめたファイルも、DMMやDLsiteなどで気軽にダウンロード購入できるようになっています。

その影響か、エロ同人CG集のクオリティは年々上昇しつづけており、とても安価にエロ画像を入手することができるようになってきました。
どんなに激エロでも、どんなにハイクオリティでも、多くは大体300円~1000円で購入できるという、素敵な時代になっているのです。
ラッキードスケベ! 前編
ラッキードスケベ! 前編


同じように、昔は購入するのに一苦労だったエロ漫画も、デジタルデータとして実に気軽かつ安価に買えるようになりました。
価格の目安は、上記のエロCG集と同じくらいか、それよりもっと安い印象さえあります(200ページ以上で1000円ちょっとという作品が多いので)。
放課後バニラ
放課後バニラ

同人ゲーム

同人ゲームもまた、「画像とテキストを使ったジャンル」ということでは、画像集に近い効果を得られます。
テキストが加わることで、官能小説的な興奮を得ることができるので、画像集より高価な分、エロさも大幅に高まっていますね。

当サイトのPC版に貼られている、DLsiteの毎日更新される同人作品ランキングを見てみましょう。
じーっと眺めていると、好みの作品が流れてきますよ~

動画

グーグルなどで動画を検索するのは非推奨

エロ動画は需要が高いですから、「無料で見れるエロ動画」を餌にして、高額な会費を請求してきたり、個人情報を盗み取ろうとしてきたり…
動画を無料で公開しているサイトのなかには、それが目当ての所が少なくないのです。

なので、グーグルなどのweb検索エンジンで動画を検索するのは非推奨です。
今のところこうした検索エンジンは、危険なサイト(あるいは危険なサイトへのリンクがあるサイト)を非表示にしてくれる機能に長けていないからです。

エロ動画を安全に探すには

というわけで、自分に合ったエロ動画を安全に探す場合は、以下の2つの到達点に至る場合が多いです。
1.サンプル動画で満足
2.動画を購入

サンプルだけでもかなりの破壊力!

1の場合、「サンプル動画だけで満足できるか!」と思う方も少なくないと思われます。
しかし実際、『DUGA』や『DMM』といったサイトで、サンプル動画を閲覧してみましょう!

サンプルだけでも、結構な破壊力があることにお気づき頂けると思います。
サンプルというのは、短い尺にその動画のハイライトを収めることが趣旨ですから、自然とエロくなってしまうのでしょう。

気に入ったものは購入

先ほど、「エロ画像の購入は安価かつ気軽なものになった」と言いましたが、それは動画に関しても全く同じことが言えます。
管理人も利用しているのはDMMとDUGAなのですが、この二つだけでもう充分というくらい、これらのサイトは動画が充実しています。

そしてとにかく安い!
DVDやブルーレイはとにかく高価ですので、「動画=割高」という先入観があるかもしれませんが…
DMMやDUGAで動画をデータとして購入する場合は、ほとんど画像集やエロ漫画に毛の生えた程度の価格となっています。

会員登録も簡単ですし、動画を購入して視聴するに至る流れもスムーズなので、管理人は、
「もっと早くに登録しておけば良かった!」
と後悔しております(;^ω^)
アダルト動画 DUGA -デュガ-

実際のセックスとは程遠い?

肌と肌を重ね合わせる描写が少ないのが、私個人はAVやエロアニメという文化の弱点だと思っています。
大方、AV女優さんやヒロインキャラの裸体を映すためなのでしょうが…
これだと、セックスにとって最も大事な「肉体の触れ合い」がスポイルされてしまう気がするのです。

正常位というと、男性が膝立ちして、仰向けになった女性をパンパン突くだけ。
そして、アニメ声の数倍は甲高い喘ぎ声…
個人的には、こういうのって萎えちゃうんですよね~

テレビドラマや映画でたまに見かけるセックスシーンのほうが、ずっと現実味を帯びていることが多いです。

エロは実写よりアニメ?

他に、動画作品のデメリットとしては、エロ漫画や音声作品などと違い、「フェラ」や「パイズリ」などが副次的な要素になっていること。
フェラやパイズリによってイかせる描写って、実写系ではそんなに多くないので、それらが好きな人は、欲求不満になってしまうことも多いと思うんです。
ただ、アニメでは結構、パイズリやフェラでイかせる描写が見られますね。


それに実写の場合、これは仕方のないことなのですが、二次元と違い、精液の量が少ないです。
大量に射精するシーンや、盛大なぶっかけ描写などにカタルシスを感じる人には、物足りないことでしょうね(私もそうです)。
よって、これも二次元に軍配が上がりそうです。

DMMやDUGAが出てきてAVも変わってきた?

しかし最近、DMMやDUGAなどで販売されている実写動画は、いわゆる古典的な「AV」よりもずっと多種多様になっています。
これは私の臆測なのですが、ネットでAVを制作していると、ユーザーの声が制作側にじかに伝わりやすいのではないかな、と。

DMMやDUGAですと、目当ての動画が割とすぐ見つかるので、時間も無駄になりません。

少なくとも、グーグルなどで動画を検索して、目当てのものを見つけられなくてイライラするより、DMMやDUGAで安いお金を払って動画を購入したほうが幸せですよ!
こんなにエロい動画が500円ですから!