フィギュアをオカズにした気持ちいいオナニーのやり方、方法まとめ

フィギュアの魔力

美少女フィギュアって、エロ、非エロ問わず、かなり性的興奮を刺激してくるジャンルだと思います。

なんといっても、二次元キャラが立体化しているわけですからねぇ。
ハンソクです(*´Д`)

フィギュアをオカズにしたオナニー

フィギュアを手に持って、それを見つめる形でオナニーする人が多いことと思いますが、これだとかなり体勢がキツいです。
そこで、テーブルや机に箱を置くなどして、自分の目の前にフィギュアを設置するとイイ感じです。

目線より高めの位置に置いて、スカートの中を覗きながら…というのもイイと思います。

フィギュアにぶっかけ!?

なかには、フィギュアや人形に精液をぶっかける嗜好を持った人も少なくないようで、そうした画像を載せたブログも多く見かけます。

「○○○(キャラ名) ぶっかけ」
でググると、かなりの頻度で、そのキャラのフィギュアにぶっかけている画像が出てくるんですよ。
必ずしもマイノリティな性的嗜好というわけではなさそうですね。

管理人の仮説

なるほど…
確かに、フィギュアは二次元を三次元化したものではありますけど、とにかく小さすぎて、手をつなぐことも抱きしめることも、もちろんキスすることもできないわけで。
「フィギュアのキャラ」と「自分」とのハッキリとしたスキンシップを味わえる方法は、ぶっかけ以外にありませんからね。

フィギュアにぶっかけ、というジャンル(?)がある程度一般化するのは、ごく自然な成りゆきだと思います。

とすると、『マジックフェイス』のような、フェラ可能なフィギュアは最強ですね!
この商品、多くのラブドールなどと違い、完全にアニメ顔をしているので、二次元フェチの人にも安心しておすすめできるのです。

マジックフェイス


ではでは、具体的なフィギュアへのぶっかけプレイの方法は後回しにするとして、まずは注意点を挙げていきますね~。

フィギュアは汚れやすい?

フィギュアへのぶっかけをすると、フィギュアに茶色い染みができて、取れなくなってしまうことがあるので気をつけましょう。

フィギュアは水分は吸収しにくいので、汚れにくい印象が先行してしまいますが、実はそうでもないのです。
細かな隙間に入り込んだ汚れは取れにくいですし…
それに、水分の影響で塗料が剥がれてしまった日には、専門的な塗装技術を持っていない限り、二度と元に戻すことはできません。

というわけで、ぶっかけたいフィギュアは「ダブり買い」をして、二つ三つスペアを用意しておくと安心です。

ご注意!

とにかく、フィギュアやドールは基本、飾って観賞するためのものですから、ぶっかけることによって損傷したり汚れたりする恐れがあります。
下記の情報を実践する場合は、自己責任でお願いいたします。

フィギュアぶっかけの方法

なんのことはない、ただフィギュアの前で手淫オナニーして、精液をフィギュアにぶっかけるだけです。

方法としては二種類あります。
●手コキオナニーをしてぶっかけ
●貫通式オナホールを使ってぶっかけ

特に、刺激の強い貫通式オナホを使ってぶっかけをすると、なんとも強烈な征服感を得ることができますよ~。
おすすめの貫通式オナホ:
すごまん2
すごまん2


征服感、といえば、多くのフィギュアを並べて、どのキャラにかかるか分からないスリルを味わうのも、かなり魅力的な感覚です。

注意点

ただし、これをする場合、自分の射精の勢いを把握しておくことが大切です。
どのくらい飛ぶのか把握しておかないと、精液が全く飛ばずにフィギュアに命中しなかったり、逆に飛び過ぎてしまって家具を汚してしまったり。

普段、非貫通のオナホールを使ったり、ティッシュペーパーを被せた手でオナニーしていると、「自分の射精がどんなものか」わからないまま過ごしてしまうと思います。
というわけでフィギュアぶっかけをする場合は、事前に自分の精液がどのくらい飛ぶか、お風呂場の洗い場などで試して把握しておきましょう。

ただ、お風呂場で射精した際は、お湯ではなく水で精液を流しましょうね(精液が凝固してしまうため)。
また、浴槽の中での射精は、原則非推奨です。
そうしたことも含め、お風呂場でオナニーする場合の注意点は、これらの記事でまとめております。
オナニーをお風呂場で行なうメリットとデメリット
お風呂の浴槽でオナニーする方法、やり方、注意点まとめ

フィギュアぶっかけの不満点?

フィギュアはご周知のとおり、衣装と胴体が同じ素材で作られており、脱着はできません。
つまり衣装の素材が布ではないため、精液が衣服に染み込んでいく様子を見ることができないのです。
それをリアリティ不足に感じる人も居るかもしれません。

そうした場合には、裸のフィギュアを使いましょう。
当然、人の肌には液体は染み込まないわけですから、フィギュアに精液が染み込まなくても全く違和感がないわけです。

まあ、R18のフィギュアはエロさがすごいので、ぶっかけずとも、オカズとして十二分に魅力的なものではあるんですけど。

ドールにぶっかけ?

フィギュアではなく、ドールへのぶっかけを楽しむ、という方法もあります。

ドールの場合は、衣装が布製で、とても精密なので、ぶっかけ甲斐はフィギュア以上かもしれません。
実際、ドールへのぶっかけをテーマにしているサイトもたまに見かけるんです。

ただし、ドールそのものやドールの衣装を大切にしたい場合は、ぶっかけ行為はやめておきましょう。
ドールはフィギュア以上に高価ですからねぇ。

フィギュアをオカズにすることに慣れていない場合の解決策

「画像」「動画」など、ディスプレイ上の創作物を見ながらオナニーする、という方法があまりにもスタンダードになってしまった今、フィギュアをオカズにする、という行為は、脳が「不自然なもの」と認識してしまいがちです。

しかし…
フィギュアの画像ならネット上にたくさん転がっているのに、なぜ人はフィギュアを買うのか。
──好きなキャラが立体化しているところを見たいから、でしょう。

フィギュアは、写真になった瞬間、「フィギュアという立体物」ではなくなってしまうわけですね。
つまり、「フィギュアを自分で写真に撮ったもの」をオカズにするというのも、ちょっと違う気がするわけです。

フィギュアはオカズにしづらい?

では、フィギュアをオカズにすることに慣れていない人は、どうすれば良いのでしょうか?
なぜこんなことを言うのかというと、私自身が、フィギュアをオナニーのオカズとして使うことに慣れていないからです(笑)

前述のとおり、オカズとしての「動画」や「画像」に慣れ過ぎてしまったせいもあるんでしょうけど…
せっかく綺麗にディスプレイしてあるフィギュアを、オナるために手元に持ってくるというのが、やや面倒…というのもあります。

フィギュアって、ちょっと動かすとレイアウトが崩れてしまうことが多いので、可能な限り、いじりたくないんですよね。

というわけで…
「あのフィギュアをオカズにオナニーしたいのに、神経を使って手元に持ってくる間に萎えてしまいそう!」
という問題が発生しがちです(;^ω^)

解決策1

元絵があって、それを立体化したフィギュア商品であるなら、元絵を探しましょう。
そのフィギュアの情報を、「通販サイト」や「フィギュア情報ブログ」で調べてみると、意外と簡単に情報が出てきますよ。

例としては、
「アニメ『○○○○』で△△が□□っているシーンを立体化」
「○○○氏のイラストを立体化」
というようなフレーズを見つけることができればビンゴ!

元絵をオカズにしたオナニーを楽しんじゃいましょー。

解決策2

元絵がないフィギュアの場合は、絵師さんに依頼するといいと思います。

そこまでする!?
と思われるかもしれませんが…
かねてから愛でていたフィギュアをイラスト化した画像というのは、なかなか破壊力が高いのです。

なぜでしょうね?
やっぱり二次元キャラには二次元世界が合っている、ということなんでしょうか?(なんというテキトーな仮説w)

仲の良い絵師さんが居れば、その人に依頼するといいですし。
絵師さんの知り合いが居ない場合は、絵師さんに有料で依頼するという方法もありますよ。

ただし! R18イラストのリクエストを受けつけていない絵師さんに、エロ絵を依頼するのだけは絶対にやめましょう。

そうしたことも含め、「絵師さんに依頼する」ということに関する詳しい情報はこちらをどうぞ。
エロ画像の上手な探し方、検索のコツ、裏技まとめ

おわりに

今回はフィギュアという文化を、オカズという視点から語ってみました。
質の高いフィギュアは、非エロであっても、眺めているとかなりムラムラしてくるんですよね。

今回の記事が少しでも、フィギュアをオカズにしたムラムラ解消オナニーのお役に立てたとしたら幸いです。