玉袋オナニー」カテゴリーアーカイブ




お風呂の浴槽でシャワーオナニーすると超気持ちいい!?

先日は、シャワーの水圧でチクニーする方法や、注意点を語ってみました。
乳首にシャワー! これってチクニーや開発に有効? それとも危険?
シャワー
今回、またお風呂オナニーに関する知識を得てしまいましたので、書き記しておこうと思った次第です。

浴槽でシャワーオナニー?

浴槽でオナニーする方法や注意点に関しましては、過去の記事でたっぷり語らせていただきました。
今回も、浴槽でのオナニーということで、メリット以上にデメリットのほうが多くなってしまっています。

では、デメリットはとりあえず後回しにして、まずはやり方を書いていきたいと思います。

やり方

お湯に浸かった状態で、シャワーヘッドを浴槽に入れ、皮を剥いたアソコ(※)にシャワーを当てる、それだけです。
※浴槽内で皮を剥く、という行為が、数々のデメリットの種となります(後述)

水圧を強めたり弱めたり、当てる角度や方向を変えると、適度な変化を得ることができて気持ちいいですよ!

さて、この方法を試したところ、
「おっ、このヌルヌルは──!?」
とドキッとしました。
水中でシャワーをアソコに当てる、この刺激は、柔らかめのオナホを使う感覚に似ているように思うのです。

個人的な感想ですが、洗い場でシャワーオナニーするより、つややかで生々しい刺激を得ることができます。

デメリット

ではさっそく、デメリットのお時間でございます。

お湯が汚れる

なんといっても、お湯の中でのオナニーですから、絶頂まで味わうとなると、お湯に精液をまき散らすことになります。
また、絶頂しなかったとしても、ペニスのあたりには菌が集中しているので、それをお湯に溶かすのはよろしいことではありません。

というわけで、この手法を行ないたい場合は、入浴後に浴槽のお湯を捨て、洗浄し、お湯を新しくする必要があるわけです。
浴槽
対策、解決策を含め、浴槽でのオナニーに関する情報は、以下の記事をご参照下さい。
お風呂の浴槽でオナニーする方法、やり方、注意点まとめ

菌が怖い

お湯が汚れる、の逆、お湯の菌にアソコがやられてしまう、というデメリット。
浴槽のお湯は雑菌の溜まり場です。

そして、性器というのは非常に繊細な部位ですので、菌の影響を非常に受けやすいです。
特に、皮を剥いた状態では。

かぶれてしまい、それが化膿してしまったら本当に大変なので、できれば浴槽オナニーは「一番風呂」で行ないましょう。
yokusou
これもまた、一人暮らしの人でなければ難しいことですよね…

コンドームを使う、という手もありますが、お湯の中となりますと、ゴムと皮膚のすき間から精液や菌が漏れてしまうこともあると思います。

こちらの記事もご参照下さい。
陰嚢湿疹や包皮炎への対策まとめ

不経済

絶頂するまでシャワーを使い続けることになるので、水道代・ガス代共に、場合によっては相当かかってしまうことになると思います。
しかしお湯の中ですので、シャワーの温度をそれほど熱くする必要がないため、浴槽の外でシャワーオナニーする場合よりは経済的かもしれません。

ですが当然、お湯であろうと水であろうと、水道代はかかります。
充分に気をつけましょう。

この手法はあるいは、すぐに絶頂できそうなオナ禁後にだけ行なう、というふうにするのもいいかもしれません。

乳首には効果なし!

この、浴槽内でのシャワーオナニー、乳首には全然効果がありません。
お湯の中で乳首にシャワーを当てても、なにも感じませんでした。

よほど開発の進んだ乳首ならともかく、通常は「やるだけ損」に終わってしまうと思います。

メリット

ちょうどいい刺激

シャワーオナニーは刺激が強すぎて──という人にお勧め。
お湯の中ですと、水圧がマイルドになるので、適度な刺激を得ることができます。

独特のヌルヌル感!

お湯の中でシャワーをペニスに当てますと、ゼリーを次々にぶつけられるような、摩訶不思議な刺激を得ることができるのです。
とろとろ、と言いますか、ぬるぬる、と言いますか。

なかなか生々しい刺激を得ることができますので、実際のシャワーオナニーよりもずっと性的な快感を味わうことが可能です。

ランダムな刺激

例えば、性グッズの決定版として有名な『サイクロンSA』には、速度を色々と変える機能が付いています。
A10サイクロンSA
A10サイクロンSA

つまり、オナニーに大切なのは、自分に合った動きを見い出すことと、一定時間ごとに刺激する仕方を変えることなのです。
そうすることによって、新鮮な刺激を得つづることができるからです。

その点、シャワーヘッドを動かすだけで(あるいは動かさなくても)、万華鏡のように刺激の質を変えてくれるこの手法は、非常に理にかなっていると思います。

タマニーに効果あり

ゆる~い刺激を得ることができるので、タマニー(玉袋オナニー)にも有効です。
タマニーで射精する方法などの情報はこちらをどうぞ。
玉袋(陰嚢)オナニー(タマニー)のやり方、方法まとめ

ただし、タマニーで絶頂するのには時間がかかるので、やはり電気代、ガス代の問題が…

浴槽シャワーオナニーまとめ

●生々しいヌルヌルした快感
●強弱を容易につけられる
●乳首には効果なし
●タマニーに有効
●電気代・ガス代に注意
●心置きなく楽しめるのは一人暮らしの人だけ
●使用前・使用後に浴槽を清掃してお湯を換える必要あり

こうやって見てみますと、メリットよりデメリットのほうが多い印象ですねぇ。
ですが、生活環境によっては、高価なものを何も買わずに魅力的な快感を得ることができる手法なので、一応ご紹介してみました~。