『A10サイクロンSA』の評価、感想、上手な使い方まとめ


前回は以下の記事で、『A10サイクロンSA』の概要を語りました。
『A10サイクロンSA』の何がスゴいのか検証してみる

今回はもう一歩踏み込んで、この商品に対するユーザーの感想や、上手な使い方のコツを語っていきたいと思います。

意外と脆い部品がある

使用状況にもよるでしょうが、この『A10サイクロンSA』にはかなり壊れやすい部分があるようです。

磁石が取れやすい

特に、「ホールを支える黒いカップ」と「本体」とを固定する「磁石」が取れやすいという報告をあちこち(2chなど)で聞きます。
しかし接着剤があれば自分で付けることができますし、前記の記事で書いたとおり、サポートもありますので、これはそこまで致命的な問題ではないと思います。

ただし、自分で接着するとなりますと、失敗してしまう可能性もあるわけです。
修理できる自信がない場合は、サポートに頼ったほうが良さそうですね。

充電端子の壊れやすさ

磁石に次いで多いのが、充電端子が壊れやすい、もげやすいという情報。
これはもう、充電端子の部分を慎重に扱うしかありませんね。

サポート期間の間に扱い方を心得る

磁石にせよ、充電端子にせよ、機器にとってなくてはならない部分なので、これらが取れたり壊れたりというのは、たいへん重大な問題です。

サポート期間を過ぎれば、当然、無料交換が不可能になってしまうので、サポート期間中に商品の上手な(安全な)使い方を心得ることが大切です。
もちろん、サポート期間中だからといって、乱暴に扱うのは厳禁ですよ! 交換することにならないのが一番なわけですから。

ローションが乾きやすい

絶え間なく回り続けるせいか、ローションが乾きやすいようです。
そしてローションが乾くと、亀頭がじかに擦れたり、皮が引っ張られたりして痛みが生じます。
運が悪いと、性器を損傷することも…

どうも純正ローションは評判が悪いようです。

乾きにくいローション

ローションの情報は以下の記事をご参照下さい。
気持ちいいローションオナニーのやり方、方法まとめ
というわけで、A10サイクロンSAで使うのに相性が良さそうなのは、「ポリアクリル酸ナトリウム」タイプのものといえるでしょうね。

乾きにくい、という意味では「シリコン」タイプのものも同じです。
ただポリアクリル酸ナトリウムの場合はそこに「強い粘性」が加わるため、よりふさわしいと思われます。
ティアラプロ600ml
ティアラプロ600ml


おなつゆ
おなつゆ

専用オナホが効果薄?

A10サイクロンSAの専用オナホはバラエティ豊かで、相性が合うものがあればサイコーに気持ちよくなれるわけですが…
ちらほらと、「専用オナホが気持ちよくない」という情報を聞きます。

またこの専用オナホ、(洗浄するために)ひっくり返すたびにダメージを受け、終いには回転に支障をきたす場合もあるようなので、これは由々しき問題といえるでしょう。

「専用」以外のオナホも使える!?

実はこのA10サイクロンSA、形さえ合えば、専用オナホ以外のオナホも利用することができるのです。
もちろん、形状の合わないオナホを使うと、最悪不具合が起こることになるでしょうから、ここは慎重に行きたいものですけれど。

「気持ちよかった」という報告があるのは以下のオナホです。
実現!ねじり膣
実現!ねじり膣

重い!

これだけの機能を備えた機器ですから、それなりに本体が重いです。
ただし台に固定し、腰振りオナニーをするのであれば問題ありません。
エアドールなどを使った腰振りオナニーの方法、やり方まとめ

が、普通のオナホのように手で持って使うとなると、かなりぎこちないというか、不自然な感覚を味わうことになってしまいます。

解決策

上記のように、どこか(ダンボール、三脚など)に固定するという方法以外にも、驚きの解決方法があります。
なんと、オナホを天井から吊るすための器具が発売されているのです!

『Jフック・セミトライアングル・ダブル』というのがそれで、驚くほど安い値段で売られているので、自分であれこれ工夫するよりも手軽かもしれません。

以下のリンク先ページの下のほう画像のように、仰向けになってA10サイクロンSAを使うのがおすすめ。
「騎乗位」や「仰向けになってのフェラ」の感覚をリアルに楽しむことができますよ!
Jフック・セミトライアングル・ダブル
Jフック・セミトライアングル・ダブル

ピストン感を味わえない

ご周知のとおり、A10サイクロンSAは「回転」によって性器を刺激する器具です。
そして、男性のセックスというのは、基本的には、前後へのピストン運動によって快感を得られるものといえると思います。

そのため、「前後」への刺激を味わえないA10サイクロンSAでは、あまり強い快感を得られない、という声も当然ながら少なくありません。

かつてはこんなものも

かつては、『A10ピストン』という商品があり、A10サイクロンSAが発売された現在でも、そちらを今でも愛用している人も少なくないようです。

では、なぜA10ピストンは売られなくなったのか…
どうやらこれは、A10サイクロンSAが発売されたから、というのがFAのようです。

解決策

ドリル螺旋状のオナホをA10サイクロンSAに装着することで、擬似的に前後へのピストン感を味わうことは可能です。

おすすめは、『ボクのおなぺっと×最高級のお嬢様ポテンシャル』です。
※ただし専用以外のオナホは、機器に思わぬ損害を及ぼす可能性があるので、自己責任にてお使い下さい。
ボクのおなぺっと×最高級のお嬢様ポテンシャル
ボクのおなぺっと×最高級のお嬢様ポテンシャル

こんな意見も

A10ピストンが販売停止になった理由に関してもう一言。

「A10サイクロンSAがあれば、A10ピストンは不要だからだ」という意見があります。
ピストンを味わうならば、普通の手を使ったオナホオナニーでも、腰振りオナニーでも味わえるからだ、と。

確かにそうですが、「自動でのピストン」を味わえる機器は他にないわけです。
このサイトでは何度も述べていることですが、性的な行為において、他者の力によって刺激されるか、自分の力によって刺激するかでは、快楽の度合いが全く違ってくるので。

そうしたオンリーワンの商品が過去のものになってしまったのは悲しいですね。
上記の解決策しか、今のところ擬似的に自動のピストンを味わう方法はなさそうです。

+1D動画がイマイチ

前回の記事では革新的なシステムとして絶賛させていただいた+1D動画。
確かに、再生するだけで動画とオナホの動きを連動させられる、という企画そのものは素晴らしいと思います。

問題山盛り

ところが、
●連動がぎこちない(女優さんが止まっている場面でA10サイクロンSAが動く、イく前の盛り上がりでA10サイクロンSAの動作が遅くなる、など)。
●男優が映ってしまって自分が感が薄れてしまう。
●自動連動ではなくcsvファイルが入っているのみで、ユーザー側が設定をする必要がある。
…などなど、かなりの問題が報告されているのをよく見かけます。

入手も難しい

現在、+1D対応の作品は入手困難になっているものが多く、+1Dをやめてしまったブランドもあります。
また、+1Dの表記がないのに+1Dに対応している作品があったりと、かなり混乱させられることも多いような気がします。

どうすればいいか

ここは+1Dではなく、自分でプレイファイル(csv)を編集し、好みの動画をVORZEプレイヤーで再生する、という方法のほうが、ある意味では近道かもしれません。
詳細は前回の記事をどうぞ。

また、性行為をリアルに疑似体験することが目的であれば、
「自分自身の動きに合わせて画面内のキャラがセックスする」
というスゴい商品を試すのもいいかもしれませんよ?
二次元女子とエッチ!? USBオナホールと3Dカスタム少女

おわりに

今回はA10サイクロンSAの問題点やその解決策を書いてきました。
今後、興味深い解決策などを見つけ次第、随時加筆するか、あるいはvol.2を書きたいと思いますので、よろしくお願いいたします!